No risk, no return とNo pain, no gain.

ご覧頂き、ありがとうございます。長生です。

明日からお盆休みの方も多いかと思いますが、
私は変わらず、今週は仕事の状態です。

今は誰もいない職場で、ひっそりブログを綴っています。
普段は10時を過ぎても誰かが残っている職場ですが、
お盆前という環境ができる業でしょうか。(笑)

ここ最近、馬券へのモチベーションが
下がりまくっているな~と自覚し始めているのですが、
(そんな自覚いらないのでしょうが)

反面、

自分の馬券にも、より手応えを感じつつ
あったりもします。


不思議な感じですね。


新しい馬券術が完成しましたよ!

というものではないのですが、自分の中では、
1㎝ずつでも微調整が効いてきているというか
そういう感覚もあります。

単なる錯覚なのかもしれませんが、
決められた作業をしっかりできれば、
よりイケるんじゃないか?

と思う反面、

結果を残さなければいけない。

何と言いますか、プレッシャーといいますか、
そういう「義務感」との狭間の中で苦しんでいる
自分もいます。

馬券で勝つためにはマイ・ルールを決め、
そこに忠実に従うのが理想ですけど、

一方で、自分が決めたルールに縛られて、
そこで苦しむのもどうなのかなとここ最近、
感じる時があります。

逆に言うと、そのルールは、
「あなたが決めたルールは、馬券で勝つための
ルールではないのかもしれませんね。」と、
言えることにもなってしまうのかもしれませんが。

大切なのは、

「長い目で見て、それはどうなのか?」

ということ。

自分に厳しく、ルールの中で厳格に行うのがいいのか。

それとも、多少の許容はアリでやっていく方がいいのか。

手堅く取る馬券スタイルがいいのか。

たまに来る大物をひっかける馬券が良いのか。

それは長期的に考えてどうなのか。


そこの考えも非常に交錯しています。

そして、もう一つは、

ハイリスク・ハイリターンについて。

この間の日曜日、競馬場行く前まで
○万円負けていたのですが、相当、
気持ち的に痛いものがありました。(苦笑)

競馬場へ行ったら楽しかったですけど。
(今年のいい思い出ですね。)

日曜日お昼の段階で、高スペックのパソコンまでは
いきませんが、レノボなら2台は買えるんじゃね?的な
金額をフツーに負けて、
そのあとに嫁さんと競馬場へ行くことの感覚というか。

かたや○万円負けて、

かたや嫁さんの
「おしっ!ビール代稼いで競馬場楽しんでくっか!」
という感覚。

そこに切ないものを感じたというか、
「何やってんだ、俺」と自戒の念がありしました。


これ、たまに起きる気持ちですけど。

一緒に買い物行って、嫁さんが100円単位の値段で
品定めをしている横で、旦那は1万円以上の馬券を
買って外したりしていると。

何やってんだ? と。

ただ、そうは言っても、こっちはお金のやりとりを
しているわけであって、500円の投資金額で、
10万馬券を獲ることは私の場合はほぼ不可能ですし、
(オリンピックの周期ぐらいならあるかもですが)
これは株でもFXでもそうだと思いますが、
自分が求めるリターン(配当)を狙うなら
それなりのリスク、

馬券の場合だと投資金額ということになるのですが、
やはり、リスクは、それなりに負う必要がある。

ローリスクでハイリターンは基本ないと思っています。
馬券の場合。


場合によっては、そんなにリスク負わなくても
高いリターンを求めることはできなくもないでしょうが、
その分、的中率は下がるので、その事実に対して、
自分の欲求が耐えれるかどうかということになります。

ユニクロの柳井会長の著書のように

「一勝九敗」でOK

という感じであれば、
また違ってくるでしょうけど。

私の場合、1ヶ月で一つも的中なしというのは、
今ではないので、不的中が続く状況に耐えうるか、
自信はないですし、大相撲で言うと、

「九勝六敗」でいきたい

のですが、このハイリスク・ハイリターン問題は
お金のやりとりをする上で必ずついて回ってくるなと
改めて実感しますね。

私の今のハイリスク路線が今後どうなっていくのか。

自分でも不安です。

正直、痛い思いはしたくない。

でも、自分のミッションを達成するためには、
その路線は必要不可欠だと思っています。
そして、1㎝ずつでも自分のスタイルが
微調整効いてきている感覚もある。

もう一方で、

変に予想配信したり、「このレース検討してます」とか
そういうことをうたわないで、直前まで考えに考えて、
私の中での「制空権での闘い」を行って、
そこで投票するかどうか決めるという形の方が、
いいパフォーマンスを発揮できるかもしれないし、
ある意味、そこが私にとっての競馬というか、
馬券の醍醐味というか、
ドキドキの勝負感を味わうというか、
そういうことなのかもしれない。


自分の適性に合う競馬環境はなんなのか。

ハイリスク路線ならハイリスクが取れる環境というか、
ハイリスクに見合う競馬環境をいかに作るか。

それともハイリターン路線を諦めて、痛い思いを
しないように、リターンの矛先を変えた方がいいのか。

お盆前の考え事であります。

明日、仏壇の前でオヤジに相談しそうな勢いです。
関連記事

テーマ : 日刊コンピを使った競馬予想
ジャンル : ギャンブル

RSS

コメントの投稿

非公開コメント

Re: あの~。

コンピ大好きっ子 様

コメントありがとうございます。そして、お名前を間違えて、大変失礼致しました!m(_ _)m

ご質問の件はまた改めてさせて頂きますが、一言、お詫びだけさせてください。申し訳ございませんでした。

あの~。

あの~私は「コンピ大好きっ子」のペンネームなので、「浪花のコンピ研究家」さんとは別人で~す(笑)。

いやね、私が言いたいのは長生さんだけの話しじゃなくて、1日に数レース、月に何10レースもやる方って多いと思うんですよ。1日レース3000円の予算でも月に5レーストライすれば15000円行く訳だし。だったら月1回の勝負にして15000円をその1レースに投資した方が、的中率も回収率も維持できるんじゃないかな~という考え方です。そのへんの意見も是非ともお聞きしたいです。

Re: 的中率と回収率、それに参加レース数。

浪花のコンピ研究家様

コメント誠にありがとうございます。
毎回、勉強させて頂いております。

レースの選択と、私の場合は、軸馬の選択。
そこの選択力を磨いていけたらと常に思うところです。

軸馬の選択については、コンピ指数の検索結果を何通りかして、数パターンでも出目が強いという上位人気に今、着目しているのですが、やはり、出目の強い馬はいいですね。一つの方策ですけど、コンピ指数で中間断層があるレースの中から、出目の確率が自分が設定した率より高い(例えば、サンプル19レース中に11レースは出現しているなどの)馬がいる場合のみTRYするとか、そのような方策を考えることもあります。私の場合、毎週の結果を注目していただいている方がいると、自分の中では思っているので(妄想?)、毎日のように手を出してしまうわけですが(苦笑)、いずれにしても、勝負の精度をより高めていきたい気持ちがありますね、今は。

Re: ローリスクハイリターンを目指して

にじゅうまる 様

コメント誠にありがとうございます。
いつもにじゅうまる様のコメント見て、私と考えといいますか、趣向が共通しているなと感じるところがあります。

「確実性と破壊力が揃ったと確信が持てるRを見抜き勝負出来れば~」とありましたが、まさにそうで、私も今、そういうレースをTRYできるよう画策しています。ともに目標に向かって1㎝でも近づけるようにしていきたいですね。

Re: レジマグぅ~~

T.TERU 様

ご迷惑をおかけしております。
12日配信分の記事に関しまして、12日にメルマガでパスワード発送したのですが、どうやら、配信日を13日にしてしまったようでした。誠に申し訳ございません。以後ないように気をつけます。

なお、14日・15日ですが、問い合わせ窓口はお休みでも通常のように配信できるのではないかと思っておりますが・・・

ただ、私のメルマガ自体、正直、自分自身でもコンテンツ不足、魅力不足を感じておりますので、今、弟子の一人にお願いして、配信してもらうように調整しているところです。少しでもいい内容のメール送れたらと考えております。

的中率と回収率、それに参加レース数。

いつも楽しく拝見しています。
的中率と回収率の問題は競馬をやる上での永遠のテーマですけど、どちらかを捨てる意見は自分的には反対ですね。どっちも必要な要素だし、穴を狙って少額投資の意見もわからなくはないけど、それだと当たる喜びを味わえないし~。競馬に費やせる予算との兼ね合いによるんでしょうが、例えば月に1万捻出できれば、月1回馬券を買う。2万捻出できれば、月2回馬券を買う。1レース1万投資できれば、通常のトリプルショットでオッズ断層がしっかりしたレースを狙えば的中率は7割近い訳ですから、的中率は50~70%で回収率は160%は確保できます。的中率と回収率。どっちも求めるなら、1レース1万の投資で月2回のレース参加。これで達成できます。ただ、レース選択をする為の馬券力は必要になってきますけど。

ローリスクハイリターンを目指して

いつも楽しく拝見しています。
自分も以前は多点買い上等でしたがオッズ理論の蘆口さんの「分かりやすい穴レースで点数を絞って勝負」スタイルに感銘を受けて30点前後の3複Fで万馬券を狙う形が基本になっています。当然的中率との闘いで
15%前後で投資が少ない分リターン(回収率)があっても不的中が続くと身体に悪い(汗)それで最近は逆張り(中穴狙い)も使って的中率も上げるよう努力しています。的中率と回収率はどちらかは捨てなければいけないのが一般的ですが、確実性と破壊力が揃ったと確信が持てるRを見抜き勝負出来れば少ない投資でも熱くなれる事が可能だと思います。馬券のスタイルは様々でしょうが自分は最小限の買い目で万馬券がとれるRが常に狙えるよう目標(ゴール)に向かって1cmでも近づきたいたいです。

レジマグぅ~~

レジマグ12日~16日まで
お盆休みなんですって!

長生様の最新メルマガを
購読するのに必要な
パスワードメールが
届きません(T_T)

どうしましょう・・・・

そんな貴方も・・・好き♡ (笑)

1CMでも手ごたえを感じる イイ傾向ですね。
私は仕事柄、経営者の方と良くお話しますが、多くの人が「リスクを敢えてとっていく」という事。リスクをとらずに成功無しという事
をよく仰ります。あとは、自分の好きな事を仕事にしろ・オールラウンドより専門家になれ。よく言われます。私も目指すところです。 誰も痛い思いはしたくないと御思いだと思います。私もですが。でも、そこは敢えて腹括って、人様のやらないとこに踏み込む事もしていかないと夢はないかと。
長生さん、もう答えを書かれているとおもいます。日記最後に太字になっているところ。「そういうことなのかもしれない」というか、
そうなのだと思います。 偉そうな事つらつらと書いてしまい申し訳ありません。ちょっとだけ年上のオッサンのツイートと、お許し下さい。 今週もお互い言い聞かせましょう、「頑張っ手稲!」(^^)
注:自分に「頑張ってね」の意。手稲は、北海道という事で(#^.^#)
再生馬券術 最新記事
お役立ちサイト様 最新記事
再生馬券術 記事カテゴリ
月別アーカイブ
著者プロフィール

長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師

Author:長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師
北海道札幌市在住。アラフォー。
馬券購入歴11年。
ビギナーズラックで馬単万馬券が当たり、競馬にハマるが、調子に乗って競馬を研究し出すと、今度は、不的中を量産し、敗北の山を築く。

しかし、たくさんの失敗から編み出した馬券スタイルで、突如覚醒し、2013年は、三連単10万馬券を3週連続で的中させたのを始め、的中率40%、○○万のプラス収支をマーク。

敗北の中から自分の癖や馬券スタイルを見つめ直す中で、「馬券で欲を出したら “必ず”負ける」と悟りつつも、現在はいかに「週10万円の払い戻しを受けるか」がマイテーマ。馬券を通じて、少しでも人間力を向上させたいと考えている。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
注意事項とお願いです。
当ブログにおいて、予想配信の記事を掲載することが度々ありますが、当該記事は、あくまで長生陽一朗個人のレース見解の記事で、当たる時もあれば、当然外れる時も多々あります。当該記事が、読者の方にとって何かしらの参考(有益)になれば幸いですが、これらの記事は、馬券購入を奨めるものではありません。そのため、当ブログの情報によって、日頃からご覧頂いている読者様に万が一、不利益が生じたとしても、損失の補填をはじめ、一切の責任は負えませんので、予めご了承願います。馬券購入は、資金と競馬環境と馬券力とご相談の上、最終的な決断は、読者様ご自身でご判断いただきますよう、お願い申し上げます。
日刊コンピ・シリーズ本登場!
KKベストセラーズ社さん発行「一獲千金!日刊コンピ王」に登場しました。
一獲千金!日刊コンピ王一獲千金!日刊コンピ王
(2015/03/26)
「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム

商品詳細を見る
10万馬券獲得 勝歴一覧








3/17阪神10R3連単的中¥188,160
3/23中京3R3連単的中¥114,560
3/31阪神5R3連単的中¥101,760
4/14福島12R3連単的中¥113,150
5/19オークス3連単的中¥150,480
6/23阪神9R3連単的中¥124,620
7/28函館6R3連単的中¥432,760
8/24新潟7R3連単的中¥114,960

その他、1万円台から三連複・三連単で万馬券的中継続中です!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキングへ

お役立ちサイト様 リンク集
馬券力UPのために参考になるリンク集です。<アイウエオ順で表示しておりますので、何卒ご了承ください。>
【再生馬券術】 ☆ 選択レース
日刊コンピ指数をベースに勝負レースを選定しています。 日刊コンピ指数については、日刊スポーツ新聞(140円)又は「極ウマ・プレミアム」(税別800円)でご確認ください。
PR
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR