午前中のローカルの三連単対策を考える。

 ご覧頂き、ありがとうございます。長生です。

 ここ最近、いろいろな会合に参加させて頂いて、
 異業種の方とお知り合いになったり、また、
 同じ職場でも部門が異なる方たちとご一緒になる、
 つまり、飲み会をする機会が増えたのですが、
 今日は、一風変わった会に参加する予定でした。

 プロレスのランチ会です。

 このブログでも、たまにプロレスのことを書きますが、
 今では、週刊プロレスを立ち読みするほどの知識しか
 ない私ですが、そもそもは、祖母の影響で5歳の時に
 プロレスを見始めてから、もう毎週欠かさず見て・・・
 本当に毎週の楽しみでした。

 私が小学5年生の時に創刊された週刊プロレスは、
 創刊号から1000号までは、毎週欠かさず買ったし、
 そのおかげで、1980年代から90年代前半までの
 プロレスに関する話題は、人に何聞かれても、ほぼ
 何でも答えられるような感じだったと思います。


 昔、「カルトQ」という番組があったのですが
 (そういえば昔よく私、「うじきつよし」に
  似ていると言われましたね~)
  うじきつよしと藤井フミヤが双璧でした。)

 で、友人の奨めもあって一瞬、応募も考えましたし、
 テレビのテロップ(字幕)見ながらですが、
 番組見ながらクイズに答えたら、
 優勝者より2問多く、答えることができました。

 そんな私に、うってつけの会合が
 本日あったわけですが、急遽、
 仕事のために参戦できず。
 泣く泣く見送りとなりました。

 先日、新日本プロレスのファンクラブに応募し、
 本日、郵便ポストに黄色いライオンマークの封筒が、
 入っていた自分にとっては、非常に残念でしたが、
 またご縁があることを願ってやみません。

 ライオンマークと的中スクラッチ

 (ちなみに、新日本プロレスの象徴は、
  このライオンマークなのです。)

 これからも仕事とブログ環境とお金と嫁さんの
 了解が取れれば、できる限り積極的に参加して、
 いろいろな方から刺激を受け、

 それを少しでも

 馬券に活かす。

 人間力向上にも活かす。

 そういう展開になれたら良いかと考えています。

 さて、ここからが本題となりますが、
 昨日のTRYを通じて、ある意味、
 確信的に思えたことがあります。

 それは何かというと、

 三連単の配当の低さについて。特にローカル。

 例えば、日曜日の小倉1レース。
 確定の単勝オッズで、
 4番人気⇒3番人気⇒5番人気で決着。
 配当は、19,250円でした。

 単勝1番人気2.8倍の馬が読み通り飛んで、
 ある意味、私的には本線で決まった形でも、
 配当は2万超えならず。

 ちなみに、オッズの数値が異なるので、
 単純な比較はできませんが、例えを出すと、
 東京10レースのアメジストステークス。

 このレースで、

 4番人気(6番メイクアップ)
 3番人気(5番サトノフェラーリ)
 5番人気(10番レコンダイト)

 の順で三連単が決まった場合、
 配当は、40,930円でした。

 正直なところ、小倉1レースも、
 4万円とまでにはいかないにしても、
 3万円は超えてほしかった。
 それが私の正直なところです。

 さらにもう一つ、昨日のフェブラリーSで言うと、

 4番人気(1番ローマンレジェンド)
 3番人気(10番ベストウォーリア)
 5番人気(14番インカンテーション)で
 三連単が決まった場合、
 配当は、55,680円でした。

 こうなると、もう「美味しい」ということになります。

 フェブラリーSは、1番人気が断然だったので
 これぐらいの妙味が付いたと思うのですが、

 この小倉1レースの配当と、
 フェブラリーSの配当の違いが、まさに

 「票の入り」なんだなと
 改めて思うところですね。

 わかりやすく言うと、

 例えば、的中者が50人いたとして、

 100万円(票数)を50人に割るのと(2万円/人)、
 300万円(票数)を50人に割るのとの(6万円/人)
 違いということですね。

 今までそんなことも気がつかないで、
 おぬし、競馬やってたの?


 と思われるかもしれませんが、そのような
 基本的なことをここ最近、改めて感じますね。

 自分の中では会心の当たりで決まったと思った
 前半のレースが、思ったより配当が低かったと
 いうことを今年入ってからよく感じます。

 フェブラリーSの配当の数値は極端だとしても、

 仮に2年前までは3万円だった配当が、
 今年だと、1万9千円の配当になる。
 その比は、マイナス約36%。
 金額では1万1千円になります。

 この数字は、かなり大きいですよね。
 自分の収支に与える影響は、かなり大きい。
 (当然、精神的にも影響が出ます。)

 必ずしもローカルの前半戦が全てが全て配当が
 低いわけではなく、中にはお宝もありますが、
 自分の戦術の中で、特に、ローカルの前半戦に
 ついて、どう向き合うか考えているところです。

 例えば、本線で当たった!と思っても、
 配当が3万円以内に収まるレースが多いところに
 それ相当のリスクを背負って勝負することが
 果たして得策なのか。

 いや、そう考えるのではなく、もともと2万円から
 5万円内の配当のレースを狙っているわけだから、
 そのパターンが来た時に、きちんと利益が生む
 買い方をする。配当が1万9千円でもええじゃないか。

 もう少し前半戦の結果と、これまでの自分のTRYの
 結果とを分析して、馬券術に活かしたいと考えます。

 
 PS

 今日、スポーツ新聞を見ていたら、
 京都の売り上げが67億、
 小倉が60億だったようです。

 道新スポーツより

 これでも額としては、スゴイ金額ですが、この額を
 遙かに上回る額を1日で、たった2人で稼ぐ人が、
 今度出てきます。

 一人は、フロイド・メイウェザーJr.
 もう一人は、マニー・パッキャオ。

 今度は、ボクシングの話題に変わりますが、
 日本時間5月3日のアメリカ・ネバダ州ラスベガス
 MGMグランド・ガーデン。

 二人の報酬は、合わせて250億円の見込みだそうです。
関連記事

テーマ : 日刊コンピを使った競馬予想
ジャンル : ギャンブル

RSS

コメントの投稿

非公開コメント

再生馬券術 最新記事
お役立ちサイト様 最新記事
再生馬券術 記事カテゴリ
月別アーカイブ
著者プロフィール

長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師

Author:長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師
北海道札幌市在住。アラフォー。
馬券購入歴11年。
ビギナーズラックで馬単万馬券が当たり、競馬にハマるが、調子に乗って競馬を研究し出すと、今度は、不的中を量産し、敗北の山を築く。

しかし、たくさんの失敗から編み出した馬券スタイルで、突如覚醒し、2013年は、三連単10万馬券を3週連続で的中させたのを始め、的中率40%、○○万のプラス収支をマーク。

敗北の中から自分の癖や馬券スタイルを見つめ直す中で、「馬券で欲を出したら “必ず”負ける」と悟りつつも、現在はいかに「週10万円の払い戻しを受けるか」がマイテーマ。馬券を通じて、少しでも人間力を向上させたいと考えている。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
注意事項とお願いです。
当ブログにおいて、予想配信の記事を掲載することが度々ありますが、当該記事は、あくまで長生陽一朗個人のレース見解の記事で、当たる時もあれば、当然外れる時も多々あります。当該記事が、読者の方にとって何かしらの参考(有益)になれば幸いですが、これらの記事は、馬券購入を奨めるものではありません。そのため、当ブログの情報によって、日頃からご覧頂いている読者様に万が一、不利益が生じたとしても、損失の補填をはじめ、一切の責任は負えませんので、予めご了承願います。馬券購入は、資金と競馬環境と馬券力とご相談の上、最終的な決断は、読者様ご自身でご判断いただきますよう、お願い申し上げます。
日刊コンピ・シリーズ本登場!
KKベストセラーズ社さん発行「一獲千金!日刊コンピ王」に登場しました。
一獲千金!日刊コンピ王一獲千金!日刊コンピ王
(2015/03/26)
「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム

商品詳細を見る
10万馬券獲得 勝歴一覧








3/17阪神10R3連単的中¥188,160
3/23中京3R3連単的中¥114,560
3/31阪神5R3連単的中¥101,760
4/14福島12R3連単的中¥113,150
5/19オークス3連単的中¥150,480
6/23阪神9R3連単的中¥124,620
7/28函館6R3連単的中¥432,760
8/24新潟7R3連単的中¥114,960

その他、1万円台から三連複・三連単で万馬券的中継続中です!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキングへ

お役立ちサイト様 リンク集
馬券力UPのために参考になるリンク集です。<アイウエオ順で表示しておりますので、何卒ご了承ください。>
【再生馬券術】 ☆ 選択レース
日刊コンピ指数をベースに勝負レースを選定しています。 日刊コンピ指数については、日刊スポーツ新聞(140円)又は「極ウマ・プレミアム」(税別800円)でご確認ください。
PR
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR