あの時の自分を思い出して。

 ご覧頂き、ありがとうございます。長生です。

 普段、公共事業系の大手(?)コンサルタント会社に
 勤めている私ですが、今日は市内某所で、技術研究の
 発表会に参加してきました。

 私が発表会でプレゼンしたわけではないのですが、
 本社の担当者のプレゼンを応援しに行きました。

 内容は、川、河川に関することなのですが、
 私(と愉快な仲間たち数名)が14年前に作成した、
 とあるジャンルのマニュアルについて、
 本社担当者が、そのマニュアルを作った経緯、
 コンセプト、そのマニュアルが全国レベルで
 使用されていること、今後の業務の課題等、
 再び取り上げて、発表頂いたものでした。

 産みの親としては、ありがたい話でした。
 (今の私は、河川に携わっていませんが。)

 14年前、当時20台半ばの私。

 その時の私の頭の中の円グラフは、

 仕事85%。
 女性とか合コン10%。
 家族やプロレスのこと5%という状態で、


 100%ではないにせよ、時間も心も、
 仕事にかなり費やしていました。
 休日でも・・・(まだ競馬やる前です。)

 例えば、ガソリンスタンドで洗車、待っている間、
 仕事の書籍を見たりもしていました。

 自分のやっている仕事に対して非常に高い意識を
 持っていて、同じような意識を持っていない
 諸先輩に対し、口撃したことも一度や二度では
 ありません。

 今の私は、仕事が5%で、競馬が70%・・・
 な状態かもしれませんが(笑)、それでも当時は、
 それぐらい情熱と、自分なりの義務感とか正義感を
 持って、仕事にあたっていました。

 その時に、私(と、その仲間たち)は、
 自分たちの業務に対する不満足感や危機意識から
 河川に関する、とあるマニュアルを作ったのですね。

 ボリュームは300ページ以上。

 それを通常業務もこなしながら、
 約半年で作成しました。

 かなりなマニアック本ですが、出版者に打診して
 書籍にしようかとも思いました。

 あの時、リーダーだった私は、朝9時から深夜まで、
 金曜日の場合は、2時3時まで作業に没頭していました。
 徹夜も何回かあります。

 誰もいないオフィスに、一人だけポツンと残業して
 「俺、何でここまでやっているんだ?」と
 思ったことは何回もありますし、

 その後、これを作ったことでチョー保守的な上司とも
 衝突しましたし、反面、仲間たちとは、仕事を超えて
 プライベートでも繋がることになりました。
 (その中の一人が、私に競馬を奨めた人間です(^^))

 今日の発表会。

 あの時・・・

 金曜日の夜を越え、土曜日の午前2時を回った時に、
 フト浮かんだ、ハイテンションなタイトルが、

 14年経った今、静寂な発表会の場で、
 プロジェクターにデカデカと映し出され、連呼される。

 競馬の実況中継で言えば、例えば、

 「モチが逃げる、モチが逃げる!」

 みたいな感じです。

 G1の実況中継で、

 「ネコパンチが差して来た!」

 と変わらないかも。

 ・・・いや、そこまでの、ハイテンションなタイトルでは
 ありませんが、私が名付けたネーミングを聞いて、
 聴衆者の私、一人、感無量な気持ちに浸っていました。

 今回、「昔の自分はこうだったです」という記事を
 書きましたが、一番書きたいのは、それだけではなく、

 あの時を思い出して、今、これからをどう過ごすか。

 あの時の意識、行動、費やした時間、労力・・・

 あの時とは、年齢も違うし、置かれている環境も違うし、
 あの時と同じことをするのは難しいですが、それでも、
 あの時を思い出して、少しでも自分の馬券活動に活かす。

 そうしなきゃいけないと思った次第です。

 あの時の自分は、その分野では確実にプロだった。

 今の自分は、馬券に関して、まだプロではない。

 でも、プロになりたい。

 その第一歩。まずは外見から。

 というわけで、早速、とあるものを作ってみました。

 

 名刺です(^^)

 長生の名刺

 本日(いや、昨日)、私が尊敬する美人占い師さん、
 美熟女のおねーさま、相武紗季似のおねーさん、
 イケメンな有名ベーシスト、男前でカッコいい
 映画プロデューサー、世界を股に活躍されている
 マッチョなマジシャンの方たちと・・・

 私の普段の日常では、絶対にお会いできないような方と
 飲む機会がありまして、ちゃっかり名刺を差し出しました。

 私の裏の顔は馬券師。

 あとは、結果が追いつくように、自分のメンタル面との
 勝負です。
 


 追伸 

 人間、何かに本当に一生懸命やっていたら、
 その時は、日の目を見るとか、成果は出なくても、
 何年後かに思わぬところでスポットライトや
 「成果が出る」ことを実感しました。

 馬券では、諦めが肝心な時もあるかと思いますが、
 それ以外では諦めるのは「まだ早い」と思いました。
関連記事

テーマ : 日刊コンピを使った競馬予想
ジャンル : ギャンブル

RSS

コメントの投稿

非公開コメント

再生馬券術 最新記事
お役立ちサイト様 最新記事
再生馬券術 記事カテゴリ
月別アーカイブ
著者プロフィール

長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師

Author:長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師
北海道札幌市在住。アラフォー。
馬券購入歴11年。
ビギナーズラックで馬単万馬券が当たり、競馬にハマるが、調子に乗って競馬を研究し出すと、今度は、不的中を量産し、敗北の山を築く。

しかし、たくさんの失敗から編み出した馬券スタイルで、突如覚醒し、2013年は、三連単10万馬券を3週連続で的中させたのを始め、的中率40%、○○万のプラス収支をマーク。

敗北の中から自分の癖や馬券スタイルを見つめ直す中で、「馬券で欲を出したら “必ず”負ける」と悟りつつも、現在はいかに「週10万円の払い戻しを受けるか」がマイテーマ。馬券を通じて、少しでも人間力を向上させたいと考えている。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
注意事項とお願いです。
当ブログにおいて、予想配信の記事を掲載することが度々ありますが、当該記事は、あくまで長生陽一朗個人のレース見解の記事で、当たる時もあれば、当然外れる時も多々あります。当該記事が、読者の方にとって何かしらの参考(有益)になれば幸いですが、これらの記事は、馬券購入を奨めるものではありません。そのため、当ブログの情報によって、日頃からご覧頂いている読者様に万が一、不利益が生じたとしても、損失の補填をはじめ、一切の責任は負えませんので、予めご了承願います。馬券購入は、資金と競馬環境と馬券力とご相談の上、最終的な決断は、読者様ご自身でご判断いただきますよう、お願い申し上げます。
日刊コンピ・シリーズ本登場!
KKベストセラーズ社さん発行「一獲千金!日刊コンピ王」に登場しました。
一獲千金!日刊コンピ王一獲千金!日刊コンピ王
(2015/03/26)
「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム

商品詳細を見る
10万馬券獲得 勝歴一覧








3/17阪神10R3連単的中¥188,160
3/23中京3R3連単的中¥114,560
3/31阪神5R3連単的中¥101,760
4/14福島12R3連単的中¥113,150
5/19オークス3連単的中¥150,480
6/23阪神9R3連単的中¥124,620
7/28函館6R3連単的中¥432,760
8/24新潟7R3連単的中¥114,960

その他、1万円台から三連複・三連単で万馬券的中継続中です!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキングへ

お役立ちサイト様 リンク集
馬券力UPのために参考になるリンク集です。<アイウエオ順で表示しておりますので、何卒ご了承ください。>
【再生馬券術】 ☆ 選択レース
日刊コンピ指数をベースに勝負レースを選定しています。 日刊コンピ指数については、日刊スポーツ新聞(140円)又は「極ウマ・プレミアム」(税別800円)でご確認ください。
PR
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR