ヒクソン・グレイシーというサンタさんから、プレゼントを頂きました。

週末の馬券成績に活きる
今日の他人言はこちらから

 
 ご覧頂き、ありがとうございます。

 日刊コンピ指数で負けない馬券(競馬)生活を送り、
 毎週、万馬券を獲得したい札幌の馬券師・長生です。

 現在1:52。もうこんな時間になってしまいましたが、
 今日(正確に言うと)昨日は、クリスマスイヴ。
 俗に言う「中年」の領域に入った私のような
 オッサンになると、12月24日のウキウキ感は
 昔ほどではないかもしれませんが、女性との
 ロマンスはともかく(笑)サンタさんからの
 プレゼントを期待してしまう子供っぽい自分
 がいます(^^;)

 今朝は、昨日の悔しさからか5時前に目が覚め、
 何とか的中率をもう少し上げることができないか、
 いろいろ考えていましたが、

 「馬券の的中率を上げる魔法の道具をください☆」
 と、サンタさんに願っても、それは土台無理な話で、
 かなりの現実逃避思考ですよね。

 そんなモヤモヤ漂う中、私は今日、とある官公庁へ
 外勤があり、江別市というところへ行ってきました。
 
 今やすっかり全国区になってしまったJR北海道に
 乗って行ったのですが、行く途中、札幌駅の構内に
 ある書店で、とある書籍が目にとまりました。
 (競馬本のコーナーに向かったところ。)

 その本は、

 「心との戦い方」(新潮社)という本でした。

 著者は、ヒクソン・グレイシーという方です。

 格闘技が好きな人なら誰もが知っている柔術家・
 「400戦無敗の男」「グレイシー一族最強の男」と
 言われた、あのヒクソンです。

 私は格闘技が好きなので、ヒクソンが来日した試合は
 全て見ていますし、また、プロレスラーの船木誠勝に
 心酔していた時期があったので、船木が(現在は復帰
 してプロレスラーとして活躍していますが、一度は)
 引退を賭けてヒクソンと闘った東京ドームでの試合は、
 30万円もするスペシャルシートを本当に買おうかと
 思ったほどで、そして、試合で船木がヒクソンに締め
 落とされた時には、思わず涙をしたものでした。

 そのヒクソンの本・・・
 というのも手にとった要因なのですが、
 数日前、某有名馬券師の方とメールをさせて頂いた時に、
 文面に「ヒクソン・グレイシー」という単語があったので、
 「これもまたタイムリーだな」と思い、私は本を手に取り、
 まっすぐ会計のところへ行きました。

 早速、JRの車中で本を見たのですが、その内容は、
 やはりヒクソンは、最強の格闘家で「神の領域だな」
 と思えるものでした。

 そう思う一番の理由は、やはりメンタル面です。

 「私はどのような試合でも常に勝つつもりで戦いに臨んだ。
  また、どんなことがあろうと、絶対にギブアップしないと
  心に決めていた。」

 「戦うとき、私は決して恐怖心を持たない。
  自分を、自分の勝利を百パーセント信じる。
  リングに上がる時、私は命を賭けていた。
  柔術を、グレイシー一族を代表して戦うからには、
  そうしなければならないと考えていた。」


 船木との試合は、
 まさに「生きるか死ぬか」の勝負でした。
 
 ヒクソンは、船木のパンチにより、
 試合中に左目眼窩底を骨折。
 一度劣勢に立つも形勢逆転して
 船木にチョークスリーパーを極める。

 船木はヒクソン同様、戦前から、何があっても
 ギブアップしない覚悟で試合に臨み、その通りに
 締められ続けてもギブアップしなかったため、
 結果は、そのまま締め落とされて失神⇒引退へ
 
 この意識。
 気迫。決意。執念。覚悟。

 (馬券師を志す)
 今の私にとって確実に足りないものが、
 その本の中にはあったのです。

 執念や覚悟とまではいかないにせよ、

 「気迫があったか」と。
 
 「馬券で勝つんだ」という気迫がありましたか?
 
 と、自問自答しても答えは、
 残念ながらNOだったのです。
 
 競馬への接し方というのは、
 人それぞれあって良いでしょうし、
 私が有馬記念の時にやったような、
 お楽しみ馬券を購入して、3時からの競馬中継を
 心待ちにするというスタンスも当然アリです。

 しかし、馬券で毎月安定的に勝とうとするのなら、
 テクニック、優秀な戦術も当然必要になりますが、
 自分のメンタルとの戦いというのは、絶対に
 避けては通れない道で、そこで必要不可欠となるのが、
 やはり「勝利への気迫」だと私は考えるのです。
 
 「いくら儲けるんだ」という欲ではなく、「馬券で勝つんだ」という気迫。

 ☆先日、某有名馬券師の方からいただいたメール。
 ☆今月たまたまYouTubeで見た、自分の全財産300万円を
  賭けた勝負に勝ち、その後も、ひと月90万円以上の利益
  を出した競馬投資家の動画。
 ☆そして、今日買ったヒクソン・グレイシーの書籍。

 私にとって、共通しているものがありました。
 そして、今の私に欠けているものも自覚できました。

 「この気づきは、馬券のサンタさんからのプレゼントだ」
 そう思って、これから床に就く長生でした。
関連記事

テーマ : 日刊コンピを使った競馬予想
ジャンル : ギャンブル

RSS

コメントの投稿

非公開コメント

再生馬券術 最新記事
お役立ちサイト様 最新記事
再生馬券術 記事カテゴリ
月別アーカイブ
著者プロフィール

長生陽一朗~敗北からの再生馬券師

Author:長生陽一朗~敗北からの再生馬券師
北海道札幌市在住。アラフォー。
馬券購入歴10年。
ビギナーズラックで馬単万馬券が当たり、競馬にハマるが、調子に乗って競馬を研究し出すと、今度は、不的中を量産し、敗北の山を築く。

しかし、たくさんの失敗から編み出した馬券スタイルで、突如覚醒し、2013年は、三連単10万馬券を3週連続で的中させたのを始め、的中率40%、○○万のプラス収支をマーク。

敗北の中から自分の癖や馬券スタイルを見つめ直す中で、「馬券で欲を出したら “必ず”負ける」と悟り、現在は、いかに「馬券で負けないか」がマイテーマ。馬券を通じて、少しでも人間力を向上させたいと考えている。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
注意事項とお願いです。
当ブログにおいて、予想配信の記事を掲載することが度々ありますが、当該記事は、あくまで長生陽一朗個人のレース見解の記事で、当たる時もあれば、当然外れる時も多々あります。当該記事が、読者の方にとって何かしらの参考(有益)になれば幸いですが、これらの記事は、馬券購入を奨めるものではありません。そのため、当ブログの情報によって、日頃からご覧頂いている読者様に万が一、不利益が生じたとしても、損失の補填をはじめ、一切の責任は負えませんので、予めご了承願います。馬券購入は、資金と競馬環境と馬券力とご相談の上、最終的な決断は、読者様ご自身でご判断いただきますよう、お願い申し上げます。
日刊コンピ・シリーズ本登場!
KKベストセラーズ社さん発行「一獲千金!日刊コンピ王」に登場しました。
一獲千金!日刊コンピ王一獲千金!日刊コンピ王
(2015/03/26)
「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム

商品詳細を見る
10万馬券獲得 勝歴一覧








3/17阪神10R3連単的中¥188,160
3/23中京3R3連単的中¥114,560
3/31阪神5R3連単的中¥101,760
4/14福島12R3連単的中¥113,150
5/19オークス3連単的中¥150,480
6/23阪神9R3連単的中¥124,620
7/28函館6R3連単的中¥432,760
8/24新潟7R3連単的中¥114,960

その他、1万円台から三連複・三連単で万馬券的中継続中です!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキングへ

お役立ちサイト様 リンク集
馬券力UPのために参考になるリンク集です。<アイウエオ順で表示しておりますので、何卒ご了承ください。>
【再生馬券術】 ☆ 選択レース
日刊コンピ指数をベースに勝負レースを選定しています。 日刊コンピ指数については、日刊スポーツ新聞(140円)又は「極ウマ・プレミアム」(税別800円)でご確認ください。
PR
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR