「インサイダーしか儲からない」という事実、という記事を読みながら。

ご覧頂き、ありがとうございます。長生です。

本日は、とある雑誌の読後感を語るという会合に参加してきました。私は下から3番目の若輩ですが、毎回、この会に出ると、そして、この雑誌を読むといろいろ発見があります。

今日は、「どうすれば繁栄の道へ踏み出せるのか」というテーマで、いろいろ議論があったわけですが、ある人が取り上げたのは、(経営者の視点から)

顧客満足の前に社員満足か、

というものでした。その会社に関わる人たちが喜び、幸せを感じる会社。いくら利益を出していても、社員がくたびれていたり、取引先が辛い思いをしていたり、何かの犠牲の上に利益を出している会社は長続きしないという理論。

それに対して、他の参加者から

いやいや、やはり顧客満足あっての社員満足でしょ。という声もあり。

顧客満足を達成して、社員へのお給料が支払われるわけで、社員満足よりもまずは、CMカスタマー・マーケティングをしっかりして、そこからでしょ。などの意見もありました。


私は経営者ではなく、雇われる側の身ですけど、どちらの言い分もなんとなく、わかります。(それぞれ立場が違うので、なんとなく・・・としか言えないですけど。)

で、その雑誌に書かれていた一文なんですけど、「倒産する会社を何千と見てきた私の知人が言うには、倒産する企業と、しない企業の違いは何かと言ったら個人欲の深さだと言っていました。つまり、会社を倒産させる社長の多くが自分と自分の家族は大切にするけれども、周りは一切信用しない、とにかくお金が大好き、という人なのだそうです。そして、そういう人たちは不安感が人一倍強い。」なんてことが書かれていて、私的にちょっと「ウッ!」と来るところがありましたね。

何がウッ!なのよって話になるわけですけど、「個人欲」という部分ですね。

欲。

この会合に札幌市内の幼稚園を運営しているとある理事長さんも参加していたのですが、運営で、欲が出ていたり、俺が俺が!とやっていた時は定員が200名のところ、100名しか集まらなかったらしいのですが、ある種の、個人欲を捨てた運営に方向転換。例えば、転勤などでやむを得ず中途で退園されるご家族に対して、これまで一度支払った入園料の返還はしなかったものの、入園料の一部を返金をするような対策を取ったところ、徐々に入園者が増え、今では定員をオーバーする状態で、その運営が、今現在もできているとのことでした。

これを「損して得取れ」という表現で表すのが正しいのかどうかはわかりませんけど、やはり、個人の欲望の前に、本来の目的に向かって、それを実践することが大切なんだなと会合に出て、改めて感じた次第です。

で、馬券の話になりますが、やはり欲というのは最大の敵・・・なのだと思います。少なくとも私の場合は(^^)

とはいえ、馬券日(競馬開催日)当日は、どうしても欲が出てしまいますよね。

これって、自然体でやって、おそらく治せるものではないなと、それは本当に思います。もう病気の域。よくあることですが、頭でわかっているけれども、やめられない。ということですね。

そのためには、そうならない仕組みを作っていく必要があるわけで、私の場合は、その仕組みづくりを今も、いや、これからもずっとやっていくんだろうと思っています。

まぁ、まずは買い目の定型化ということなるんでしょうけど。

あのレースは、こういう買い方で、

このレースは、こういう買い方で、こっちはコレで!

なんて買い方してという方法論で儲ける自信というか、そんな芸当、3年に1回できたら、上出来だと思います。自分の場合は、ですよ。

そこにベクトルを向けるのではなく、どうすれば、より「欲のかかない」馬券を構築できるか。そこを考えています。とはいえ、100円賭けて130円儲かりました、やったぁ!という馬券でいいわけは当然なく、ある程度のレートを張って、それでいて納得できるリターンも狙え、かつ、「欲をかいていない」馬券になっているか。

どこまでの欲が許容されるのか、それでいて、競馬開催日に欲をかかないことができるか

一つの実験。

ということを考えながら、別の書籍を見ていたら、「インサイダーしか儲からない」という事実、なんてことが書かれているページを目にしてしまいました。法律に引っかからないインサイダー。

(取引や商売で)完全に公平に行われていれば、儲かったり損をしたりで誰かが勝ち続けるということはありません。しかし、世の中は、全く公平ではありません。相手が知らないことを知っている方が、儲かる仕組みになっています。反対に言うと、相手が知らない情報を持っていなくては、普通は儲からないということです。誰もが知っている情報では儲からない! Be an Insider!

誰もが知らない情報を駆使して儲けたい!

と、そんな願望ありますが、それもまた個人欲の深さなんでしょうか(汗)

まだまだ修行が足りませんね。

でも、他の人があまり使わない情報を活用して、かつ、欲ばりにならない馬券を構築したいですね。

それが私の生きる道。

のような気がしています。

今日は、この辺で。ありがとうございました。
関連記事
RSS

コメントの投稿

非公開コメント

再生馬券術 最新記事
お役立ちサイト様 最新記事
再生馬券術 記事カテゴリ
月別アーカイブ
著者プロフィール

長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師

Author:長生陽一朗~毎週10万馬券を狙う馬券師
北海道札幌市在住。アラフォー。
馬券購入歴11年。
ビギナーズラックで馬単万馬券が当たり、競馬にハマるが、調子に乗って競馬を研究し出すと、今度は、不的中を量産し、敗北の山を築く。

しかし、たくさんの失敗から編み出した馬券スタイルで、突如覚醒し、2013年は、三連単10万馬券を3週連続で的中させたのを始め、的中率40%、○○万のプラス収支をマーク。

敗北の中から自分の癖や馬券スタイルを見つめ直す中で、「馬券で欲を出したら “必ず”負ける」と悟りつつも、現在はいかに「週10万円の払い戻しを受けるか」がマイテーマ。馬券を通じて、少しでも人間力を向上させたいと考えている。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
注意事項とお願いです。
当ブログにおいて、予想配信の記事を掲載することが度々ありますが、当該記事は、あくまで長生陽一朗個人のレース見解の記事で、当たる時もあれば、当然外れる時も多々あります。当該記事が、読者の方にとって何かしらの参考(有益)になれば幸いですが、これらの記事は、馬券購入を奨めるものではありません。そのため、当ブログの情報によって、日頃からご覧頂いている読者様に万が一、不利益が生じたとしても、損失の補填をはじめ、一切の責任は負えませんので、予めご了承願います。馬券購入は、資金と競馬環境と馬券力とご相談の上、最終的な決断は、読者様ご自身でご判断いただきますよう、お願い申し上げます。
日刊コンピ・シリーズ本登場!
KKベストセラーズ社さん発行「一獲千金!日刊コンピ王」に登場しました。
一獲千金!日刊コンピ王一獲千金!日刊コンピ王
(2015/03/26)
「競馬最強の法則」日刊コンピ研究チーム

商品詳細を見る
10万馬券獲得 勝歴一覧








3/17阪神10R3連単的中¥188,160
3/23中京3R3連単的中¥114,560
3/31阪神5R3連単的中¥101,760
4/14福島12R3連単的中¥113,150
5/19オークス3連単的中¥150,480
6/23阪神9R3連単的中¥124,620
7/28函館6R3連単的中¥432,760
8/24新潟7R3連単的中¥114,960

その他、1万円台から三連複・三連単で万馬券的中継続中です!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキングへ

お役立ちサイト様 リンク集
馬券力UPのために参考になるリンク集です。<アイウエオ順で表示しておりますので、何卒ご了承ください。>
【再生馬券術】 ☆ 選択レース
日刊コンピ指数をベースに勝負レースを選定しています。 日刊コンピ指数については、日刊スポーツ新聞(140円)又は「極ウマ・プレミアム」(税別800円)でご確認ください。
PR
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR